ホームお知らせチャールズ・スタート大学(オーストラリア)が山形で研修を実施

ホームお知らせ > チャールズ・スタート大学(オーストラリア)が山形で研修を実施

【お知らせ】

チャールズ・スタート大学(オーストラリア)が山形で研修を実施

 10月28日に、オーストラリアのチャールズ・スタート大学(CSU)から、学生10名と教員1名が来学しました。CSUは本学の協定校であり、例年夏に大学院教育実践研究科の「異文化圏実習」で訪問しています。今回は、約2週間の「Yamagata University School Visit and Japanese Language Program」にCSUの学生が参加しました。
 本学では、日本の教育制度、文化等に関する講義や、本学学生との合同授業を受けました。日本文化体験として、着物を着て茶道を体験し、慣れない着物と正座で、終了後すぐに足を崩す学生の姿が印象的でした。また、附属中学校の授業にも参加し、生徒たちと交流を深めました。
 山形県内では、西川町、戸沢村、新庄市などの各学校を訪問して、英語を教えながら積極的に児童・生徒たちと交流し、日本の学校教育について学びました。そば打ち・わら細工・座禅・最上川舟下りなども体験し、ホームステイでは、地元の方々と交流することで、実際の日本の生活について学ぶことができました。
 最後に、今回の研修を通して学んだことについて本学で発表会を行い、CSUの学生からは、「日本の学校を訪問し、実際の授業に参加することで、日本の学校教育・指導を学ぶことができ、今後の自分たちの研究に反映させていきたい」「学校訪問、様々な日本文化体験、ホームステイを通して、たくさんの方々と交流することができ、有意義な時間を過ごせたと」と発表がありました。CSUの教員からは、今後もこのような活動を続け、互いの交流を深めていきたいと要望がありました。


本学学生との合同授業


チャールズ・スタート大学歓迎会


日本文化体験(着物)


茶道終了後。お疲れさまでした。


日本文化体験(そば打ち)


戸沢村立戸沢小学校で授業


日本文化体験(座禅)


発表会の様子