ホームお知らせ論文剽窃チェックツールiThenticateの操作説明会を開催しました。(11/21)

ホームお知らせ > 論文剽窃チェックツールiThenticateの操作説明会を開催しました。(11/21)

【お知らせ】

論文剽窃チェックツールiThenticateの操作説明会を開催しました。(11/21)


 平成26年11月21日(金)、小白川キャンパス事務局棟4階第二会議室及び飯田キャンパス医学部第5講義室において、論文剽窃チェックツールiThenticateの操作説明会を開催しました。
 本学では、博士学位論文の審査をより適切に行うとともに、研究活動における不正行為を未然に防ぐことを目的に論文剽窃チェックツールを11月から導入しています。
 この度の説明会は、本チェックツールのアジア総代理店 アイ ジャパン株式会社 渡邉正樹氏から、操作方法について説明をいただき、米沢キャンパス及び鶴岡キャンパスにもテレビ会議システムにより配信されました。
 約60名の教職員が参加し、熱心に説明を聴いた後、どのような計算方法で論文の類似率が算出されるのか、一般的にどの程度までの類似率は問題ないか等、活発な質疑応答が行われました。