ホームお知らせ留学生と地域との交流イベントを開催しました(11/22)

ホームお知らせ > 留学生と地域との交流イベントを開催しました(11/22)

【お知らせ】

留学生と地域との交流イベントを開催しました(11/22)

 平成26年11月22日(土)に、ゆうキャンパス・ステージョンを会場に、留学生と地域との交流イベント(主催:山形県留学生交流推進協議会,後援:山形県教育庁)を開催しました。  このイベントは、小学生と留学生の交流を通して国際理解を深めてもらうことを目的としたもので、山形大学に通う6ヶ国の留学生10名と日本人学生10名、山形市内の小学生18名の計38名が参加しました。
 イベントは、留学生からの自己紹介からスタート。それぞれ母国語での挨拶を子どもたちに紹介した後、民族衣装の説明をしたり、母国の歌や本を披露してくれる留学生もおり、小学生たちは外国の文化に目を輝かせていました。
 自己紹介の後は、ドイツの“ハリガリ”に挑戦しました。ハリガリは、簡単なルールのカードゲームです。言葉の壁を越えて、小学生と留学生が一緒に楽しみました。
 このほか、国旗カードを使用した神経衰弱と国旗クイズも行いました。山形県には28ヶ国からの留学生が来ており、カードはその28ヶ国の国旗で作っています。知らない国や知らない国旗に、「ここはどこの国かなあ」という自然な会話が生まれていました。
 イベントに参加した小学生からは「色々な国の人と交流できて楽しかった」「外国について知ることができて勉強になった」といった感想が、また、留学生からは「小学生とゲームをしたり話したり楽しかった」「異なる国の観点や文化交流ができ、面白くて楽しいイベントだった」との感想が寄せられました。
 このイベントは本学学生スタッフが企画・運営しました。事前準備から当日の進行まで学生スタッフが行い、参加者もスタッフも異文化に触れることができた実り多いイベントとなりました。


留学生による自己紹介


バングラデシュの民族衣装


ハリガリの様子


集合写真