ホームお知らせ山形県日中友好協会女性委員会主催の交流会に本学留学生が参加しました

ホームお知らせ > 山形県日中友好協会女性委員会主催の交流会に本学留学生が参加しました

【お知らせ】

山形県日中友好協会女性委員会主催の交流会に本学留学生が参加しました

 12月14日(日)、かみのやま温泉月岡ホテルにて行われた、山形県日中友好協会女性委員会主催の「熱烈歓迎好朋友」に、本学中国人留学生8人が参加しました。
 この交流会は、毎年この時期に、女性委員会の方々と山形県内で学ぶ中国人留学生との交流を図るという目的で催されるもので、今回は、本学の他、東北文教大学からの留学生も含む、合計15人の学生が招待されました。振袖、袴を着てお抹茶を味わい、地元山形の食材を多く取り入れたお料理をいただき、温かい温泉に入って、日本文化に親しむという充実した内容でした。
 本学から参加した留学生は、全員が振袖を着るのは初めての体験でした。帯の結び方についても興味を持ち、後ろ姿の写真を学生同士で撮り合い、中国の家族に振袖姿の写真を見せたいと、感激した様子で話をしている学生もいました。会食の際も、日本と中国の食文化の違いについて、留学生から積極的に質問し話が盛り上がるなど、相互の熱心な交流が図られました。
 留学生達は、艶やかな振袖姿で背筋がピンと伸び、普段なかなか経験できない、深い日本文化に触れることができたと、山形県日中友好協会女性委員会の皆様に大変感謝していました。


集合写真


振袖姿でいただくお抹茶は格別です


着付けだけでなく髪のセットやお化粧もしていただきました


色とりどりの振袖姿