ホームお知らせ山形県信用保証協会と企業支援協定を締結しました(3/10)

ホームお知らせ > 山形県信用保証協会と企業支援協定を締結しました(3/10)

【お知らせ】

山形県信用保証協会と企業支援協定を締結しました(3/10)

 山形県信用保証協会と山形大学は互いに連携し、山形大学学金連携プラットフォームの活動(※)を通じて、地域企業が抱える経営及び技術上の課題解決を図るため、協定を締結しました。
 事業者が金融機関から資金を調達する際の保証を目的とする信用保証協会が大学と連携してこのような企業支援に乗り出すのは、全国でも初めての試みです。
 小白川キャンパスで行われた調印式では、山形県信用保証協会の横澤正昭理事長と、小山学長がそれぞれ協定書にサイン。小山学長は、海外の大学と都市を事例に、大学だけでは人口減少は止められないことを目の当たりにしたことに触れ、「企業が元気でなければ地方創生は成り立たない。」と、熱を込めて話されました。また、横澤理事長は、「山形県内の企業は、この10年で2割ほど減少しており、危機的状況。これまでの活動だけでは企業を活性化するための支援は、十分でない。大学と連携して積極的に展開していきたい。」と話されました。
 今後は、保証協会と山形大学がお互いのノウハウを活かし、連携・共同して企業支援を行ってまいります。


※山形大学学金連携プラットフォームは、山形大学と県内すべての金融機関(3行、4金庫、3組合、2政策金融機関)が連携し地域企業を支援する活動を続けている任意組織。


協定書へのサイン


協定書


記者の質問に答える学長


握手を交わす横澤理事長と小山学長