ホームお知らせ県立新庄南高校の生徒66名が小白川キャンパスを訪問しました(9/1)

ホームお知らせ > 県立新庄南高校の生徒66名が小白川キャンパスを訪問しました(9/1)

【お知らせ】

県立新庄南高校の生徒66名が小白川キャンパスを訪問しました(9/1)

 9月1日、山形県立新庄南高等学校の2年生66名(引率教諭2名)が小白川キャンパスを訪問しました。
 はじめに、エンロールメント・マネジメント(EM)部の鈴木達哉講師が大学の概要やキャンパスライフについて説明し、山形大学の魅力をアピールしました。その後は4班に分かれてキャンパスツアー。4人のアドミニストレイティブ・アシスタント(AA)の学生が小白川図書館や大学生協のコンビニなど学内の施設を案内し、最後に大学会館食堂テールにて大学生の昼食を体験しました。
 訪問を終えた生徒は「山大を訪問するのは初めてだったが、進路のことを考える大切な時間になった」と笑顔で話していました。
 山形大学ではこのような大学訪問を随時受け入れております。EM部(TEL:023-628-4063)までご相談ください。
※この記事は広報室にインターンシップ中の阿部健大さん(人文学部3年)が作成しました。
 


山形大学の概要を説明する鈴木達哉講師


真剣に説明を聞く新庄南高校の生徒さん


小白川図書館を案内するAAの辻さん(人文学部4年)


大学生協「ひとことカード」に釘付け


グラウンドでサークル活動を見学


メニューがたくさんあってお悩み中@大学会館食堂