ホームお知らせ地域教育文化学部1年の清水優さんが東北学生テニス選手権大会で連覇を遂げました(8/30)

ホームお知らせ > 地域教育文化学部1年の清水優さんが東北学生テニス選手権大会で連覇を遂げました(8/30)

【お知らせ】

地域教育文化学部1年の清水優さんが東北学生テニス選手権大会で連覇を遂げました(8/30)

 8月26日から30日にかけて開催された「2015年東北学生テニス選手権大会」で、地域教育文化学部1年の清水優さんが女子シングルスで優勝し、春季大会に続き連覇を成し遂げました。
 小学校4年生からテニスを始めた清水さんは、現在週6日練習に打ち込んでいます。今回の連覇については、「前大会に比べて相手に多くゲーム数を取られてしまった。対策を練られており勝つのはなかなか難しい」と述べました。今後は、勉学との両立の中で短時間にどれだけ集中できるかを意識しているとのことです。
 また清水さんは、8月22・23日に行われた「東北総体・国体東北予選会」でも成年女子3位入賞を果たし、9月に開催予定の「紀の国わかやま国体」の山形県代表に選ばれました。国体には以前少年の部で出場しましたが、成年の部は今回が初めて。今後の大会に向け、「出ることに満足せず、勝つことにこだわって、ゲームの中で流れを読んでいきたい」と意気込みを語りました。
 将来の夢は山形で高校の体育教師になること語る清水さん。「テニス部の顧問になって地元のレベルアップに貢献したい」と、テニスで山形を活気づける清水さんに今後も注目です。国体でのご活躍をお祈りしています。
※この記事は広報室にインターンシップ中の阿部健大さん(人文学部3年)が作成しました。
 


優勝トロフィーと賞状を披露する清水さん


清水さんにインタビューする阿部さん(左)