ホームお知らせ「平成27年度 山形大学教員研修会 第17回基盤教育ワークショップ」が開催されました(9/2)

ホームお知らせ > 「平成27年度 山形大学教員研修会 第17回基盤教育ワークショップ」が開催されました(9/2)

【お知らせ】

「平成27年度 山形大学教員研修会 第17回基盤教育ワークショップ」が開催されました(9/2)

 平成27年9月2日(水)、「平成27年度 山形大学教員研修会 第17回基盤教育ワークショップ」が、本学を会場に開催されました。今年で17回目となるこのワークショップは、大学教育の発展を目的とし、午前中は基調講演、午後はラウンドテーブルというスケジュールで実施されています。
 今年度は、大学入試センターの大塚雄作副所長から、「高大接続システム改革の動向と課題〜新テストへの円滑な移行に向けて〜」と題した講演を頂き、全国各地から集まった多くの参加者は熱心に耳を傾けていました。大塚副所長は、ご自身の体験や感想を交えながら、期待や苦労している所等、入試改革の現状、これからの方向性と可能性についてお話されました。
 午後は、「地域連携とFD」「教養教育の未来〜学生の「新たな教養」獲得のために〜」「これからのインターンシップの在り方〜教育過程にどう位置づけるか〜」とテーマの異なる3つの分科会に別れ、コーディネーター、パネリストを中心に議論が深められました。


グループワークの様子


講演会場の様子


講演する大学入試センター大塚副所長


大塚副所長(左)と
小田隆治教授(右・山形大学教育開発連携支援センター)