ホームお知らせ人文学部4年の田川友子さんが「大学院早期学修プログラム」を履修しています

ホームお知らせ > 人文学部4年の田川友子さんが「大学院早期学修プログラム」を履修しています

【お知らせ】

人文学部4年の田川友子さんが「大学院早期学修プログラム」を履修しています

 人文学部法経政策学科4年の田川友子さんが、今年4月から「大学院早期学修プログラム」を履修しています。
 このプログラムは、学部4年次に科目等履修生として大学院の授業を早期に履修し、大学院入学後は最短1年で修士課程の修了を可能とする、人文学部・社会文化システム研究科独自の制度です。
 田川さんは、地域政策論ゼミに所属して長井市や山形市高瀬地区等で実践を重ねる中で、もっと学修を深めたいと感じていた昨年秋に本プログラムを知りました。そして、迷わず出願、初めての履修者となりました。現在は、山本匡毅准教授の指導で「地方圏におけるクラスターの形成と展開」について研究を進める一方、出身地の福島県桑折町の観光キャンペーンクルーの一員として中央官庁はじめ全国を飛び回っています。
 「将来は東日本大震災で被災した地元を活性化したい」と人文学部に入学した田川さんは、「大学院の授業も始まり、より一層充実した毎日です!やることはたくさんありますが、忙しいほど楽しい私の性格に合っています」と語っています。

 人文学部の「大学院早期履修プログラム」については、こちらをご覧ください。
    


人文学部4年の田川友子さん


「大学院早期学修プログラム」概要