ホームお知らせ第2回 学長特別講演会シリーズ「山形から世界へ」を開催しました(11/4)

ホームお知らせ > 第2回 学長特別講演会シリーズ「山形から世界へ」を開催しました(11/4)

【お知らせ】

第2回 学長特別講演会シリーズ「山形から世界へ」を開催しました(11/4)

 11月4日、小白川キャンパスにおいて第2回目となる学長特別講演会シリーズ「山形から世界へ」を開講し、学生、市民の皆様、教職員約120名が参加しました。
 これは、本学の使命「地域創生」「次世代形成」「多文化共生」を国内外に発信するため今年からスタートしたもの。今回は、農林水産省から、西経子氏(農村振興局地域振興課日本型直接支払室長)を講師に迎え、「地方創生〜いつの時代も日本を変えてきたのは「地方」です〜」と題してご講演いただきました。
 西氏は、「インバウンド」、「学生の協力」、「地域おこし協力隊」、「国等の施策との連携」をキーワードに全国各地の取り組み事例を紹介され、『何もない』ではなく『何かある』と魅力を掘り起こすのは、よそ者、若者の力が大きいと学生への期待を話されました。
 土井正己特任教授(元トヨタ自動車株式会社広報担当部長)をモデレーターとして行われた西氏と小山学長の対談では、学生たちからも、「継続の難しさ」、「目指すところはどういうところか」等多くの質問があり、会場との意見交換でも大いに盛り上がりました。
 この学長特別講演会シリーズは今後定期的に開催していく予定です。

 また、この講演会は、学生広報YUM!も取材を行いました。記事はこちらをご覧下さい。


あいさつする小山学長


講演する西氏


会場の様子


対談の様子


会場の質問に答える西氏


積極的に質問する学生


積極的に質問する学生


土井特任教授へ取材する学生