ホームお知らせ「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」で本学学生が優良賞を受賞(11/1)

ホームお知らせ > 「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」で本学学生が優良賞を受賞(11/1)

【お知らせ】

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」で本学学生が優良賞を受賞(11/1)

 昨年9月から今年5月末まで官民協働海外留学制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の一期生としてドイツ・ザクセン州経済振興公社でインターンをしてきた土屋みなみさん(工学部応用生命システム工学科4年)が、11月1日に芝浦工業大学で行われた第1回成果報告会で発表した結果、参加者約120人中4人が選出される優良賞を受賞し、馳文部科学大臣から賞状が授与されました。
 成果報告会参加者は一期生323人中約120人で、馳文部科学大臣から賞状を授与されたのは最優秀賞1人、優秀賞1人、優良賞4人の計6人。優良賞を受賞した土屋さんは、「尊敬して止まないトビタテ!の仲間たちの中でまさか自分が受賞できるなんて、信じられません。プレゼンテーションに苦手意識があり、それを少しでも克服したいと思ったので、研究室に迷惑をかけながらも自分なりに準備しました。その甲斐があったようで素直に嬉しく思います。これも私に関わってくださったすべての方々のおかげです。感謝してもしきれません。この栄誉に恥じないよう、今後もできる限り精進します。」と話してくれました。
      


馳文科大臣から表彰状を授与される土屋さん


表彰者集合写真(右から2番目が土屋さん)