ホームお知らせ国立大学協会職員と本学若手職員の懇談会を開催しました(12/18)

ホームお知らせ > 国立大学協会職員と本学若手職員の懇談会を開催しました(12/18)

【お知らせ】

国立大学協会職員と本学若手職員の懇談会を開催しました(12/18)

 12月18日に山形大学事務局において一般社団法人国立大学協会(以下、「国大協」)職員と本学若手事務職員の「昼食懇談会」を開催しました。
 これは国大協の山本健慈専務理事(前和歌山大学長)の全国の国立大学若手職員と意見交換したいという要望に応えるもので、本学は琉球大学、弘前大学に続いて3大学目の実施。国大協からは山本専務理事のほかに4名の職員、本学からは事務局から6名の中堅・若手職員が参加しました。
 はじめに、各人がそれぞれの組織概要を紹介したあと、これまでのキャリアを披露し、業務上の改善点や国立大学職員として共有したいこと等の意見を交換しました。参加者からは、「外部出向者と率直な意見交換ができてよかった」「日常の業務をこなしながらも国立大全体を考えるような視点をみにつけたい」などの感想が述べられました。
     


率直な意見交換(中央が山本専務理事)


懇談会終了後の集合写真