ホームお知らせ豪雪の尾花沢市で除雪活動をしました(1/23-24)

ホームお知らせ > 豪雪の尾花沢市で除雪活動をしました(1/23-24)

【お知らせ】

豪雪の尾花沢市で除雪活動をしました(1/23-24)

 1月23日・24日に基盤教育科目「感じる山形6 〜教科書の向こう側へ〜」(雪と共に生きる体験)の現地体験を尾花沢市で行い、山形大学、東北芸術工科大学、東北公益大学の1年生7名が参加しました。
 この体験では、世界有数の豪雪地である尾花沢での除雪活動を通じて、雪の中で生きるご苦労を感じながら、そこから生まれた知恵・文化・人とのつながりといった尾花沢の魅力にふれることを目的としています。開講には尾花沢市地域支援課にご協力いただき、尾花沢市雪研究会の方にも講師としてご指導いただいています。
本科目は社会人力育成山形講座のプログラムとしても開講され、山形大学の他に東北芸術工科大学と東北公益文科大学の学生が単位互換を利用して受講しています。グループで除雪活動を行いながら、組織内で活躍するために必要なコミュニケーション力や年長者から教えを請う積極的な姿勢など、社会人として必要な能力の育成も図っています。
      


屋根から落ちた雪を崩す


下した雪をスノーダンプで運ぶ


運んだ雪を流雪溝に流す


活動後にいただいたお茶で心も温まる