ホームお知らせ有志学生が尾花沢市・大石田町で除雪ボランティア(2/14)

ホームお知らせ > 有志学生が尾花沢市・大石田町で除雪ボランティア(2/14)

【お知らせ】

有志学生が尾花沢市・大石田町で除雪ボランティア(2/14)

 2月14日、本学の学生(8名)が尾花沢市・大石田町において除雪ボランティアを行いました。昨年5月に締結した「尾花沢市、大石田町及び両市町社会福祉協議会との連携に関する覚書」の交流事業として「Team347」と命名されたこの活動は、今年で2回目となります。
 当日は加藤国洋尾花沢市長と村山総合支庁五十嵐地域振興監から激励を受けた後、午前中に座学・雪はきの実習を行い、レクリエーションも取り入れながら、楽しく除雪の勉強をしました。午後からは、1班(尾花沢市担当)と2班(大石田町担当)に分かれ、それぞれ尾花沢市社会福祉協議会・東光館周辺と大石田町民家の除雪作業を行いました。水気を多く含んだ雪は想像以上に重く、重労働となりましたが、90分かけて2メートル近くあった雪の山をきれいに片づけました。
 ボランティアの締めくくりとなる「ふりかえりの会」では、学生から「普段の生活では体験できないことをすることができた」、「今後もボランティア活動に積極的に参加したい」といった言葉を聞くことができ、充実したボランティア活動となりました。
 


加藤市長(左)、五十嵐地域振興監(右)から旗の贈呈


1班(尾花沢市)活動の様子


2班(大石田町)活動の様子


最後に笑顔で記念撮影