ホームお知らせ東京サテライトで山形大学OBセミナー(第3回)を開催

ホームお知らせ > 東京サテライトで山形大学OBセミナー(第3回)を開催

【お知らせ】

東京サテライトで山形大学OBセミナー(第3回)を開催


横山准教授による講演

東京ふすま会会長 吉田正文 氏

 3月1日(土)山形大学東京サテライトにおいて、東京近郊の山形大学卒業生を対象とした「山形大学OBセミナー」(第3回)を開催しました。OBセミナーは、各学部同窓会の枠を超えて行われる行事であり、今回は60人近くのOBの方が参加されました。
 最初に、結城学長から新体制でスタートした山形大学の紹介があり、続いて、理学部の横山 潤 准教授を講師として、「光合成をやめた植物〜菌に寄生する植物とその進化〜」と題した講演が行われました。
 横山准教授は、菌に寄生する植物が多いイチヤクソウ科やラン科植物での研究例を中心に、「菌寄生植物(腐生植物)とはどのようなものなのか、光合成をやめる過程と菌との関係は?」などスライドを用いて興味深い解説をされました。
 講演会終了後は、交流会が行われ、参加した卒業生らは東京近郊で暮らす仲間たちとの再会や新たな交流に沸いて、写真を取り合ったり、各学部同窓会の代表者の方から近況報告などのスピーチもあり、卒業生と山形大学の絆をより一層深める格好の機会となりました。そして、来年度以降もこのような会が行われることを望む声が多数聞かれました。
 また、東京サテライトのリエゾンコーナーでは、「山形大学の今」と題した各学部の活動紹介・パネル展示や教育学部美術教育専攻・大学院教育学研究科美術教育専修の「卒業・修了製作展2008」(2月28日(木)〜3月3日(月))が開催され、山形大学の活動を首都圏の方々に印象付けることができました。


あいさつをする結城学長


「卒展08」の様子