ホームお知らせ「山形大学のグランドデザイン」策定PTが検討を開始

ホームお知らせ > 「山形大学のグランドデザイン」策定PTが検討を開始

【お知らせ】

「山形大学のグランドデザイン」策定PTが検討を開始


参加した学生委員の2人

会議の様子

 2月6日に「山形大学のグランドデザイン」策定プロジェクトチーム(PT)の初会議が小白川キャンパスの事務局第一会議室で開催されました。
 このPTは、河田理事を委員長として各学部推薦委員6名、経営協議会委員1名、事務職員委員1名、学生委員2名で構成され、次期中期目標・中期計画の作成をひかえ、本学の個性を生かしたグランドデザインを作成するために役員会の下に設けられたものです。
 この日の会議では、学生委員の平山敦士委員(医学部4年)が「大学アメニティの充実が必要」、伊藤明香委員(人文学部3年)が「高校生が入りたいと思う大学を目指すべき」と提案するなど活発な審議が行われました。
 PTでは、3月末までに基本理念と基本的な方向性からなる「素案」をまとめ、各部局の調整やパブリックコメントを経て、7月末までに「山形大学のグランドデザイン―きらりと光る大学へ―(仮)」を完成させることとしています。