ホームお知らせ地域教育文化学部の学生が市内の病院でコンサート

ホームお知らせ > 地域教育文化学部の学生が市内の病院でコンサート

【お知らせ】

地域教育文化学部の学生が市内の病院でコンサート

 9月25日(火)、地域教育文化学部の3年生11名が授業の一環として、山形市内の東北中央病院で患者さんや近隣の方を対象にコンサートを開きました。
 授業の名前は「地域音楽活動実践論」、アウトリーチとよばれる音楽の出前演奏です。今回は、地域の方々に幅広く音楽に触れていただくことを目標に、オーボエ、ホルン、ヴィオラ、女声2部合唱が学生により披露されました。
 学生は文化創造学科の音楽芸術コースに所属しており、2年半前に地域教育文化学部に学部改組してからの1期生。3年生を対象としたこの授業は、今年から始まったばかりですが、既に町中や小学校などで6回もコンサートを行っています。
 授業を担当する藤野祐一教授は「喜んでいただけて嬉しい。今後も授業の目標である地域に根ざした音楽活動を推進していきたい。」と語りました。


女声2部合唱(ヴィオラ助奏付き)


ホルンの演奏


藤野祐一教授