ホームお知らせ男子サッカー部が2年連続天皇杯出場

ホームお知らせ > 男子サッカー部が2年連続天皇杯出場

【お知らせ】

男子サッカー部が2年連続天皇杯出場

 9月2日、山形県天皇杯予選の決勝が行われ、羽黒高校を相手に7−1の快勝。本学男子サッカー部が2年連続となる天皇杯出場を決めました。
 試合は、前半9分、CKからDFの小泉崇史キャプテンが決め先制。さらに、前半41分にFW宮本佳希選手のヘディングシュートからこぼれ球をMF鈴木達也選手が押し込み2−0。
 後半も、石橋佳幸選手が2ゴールをあげた後、清水智幸選手のフリーキック、宮本佳希選手のゴールで6−0。その後1点を失うものの、終了間際にもMF安倍哲生選手がゴールを決め、7−1で快勝しました。
 先制ゴールを決めたキャプテンの小泉選手は「練習どおりのフォーメーションや形でゴールが決まって良かった。」とゲームを振り返りました。監督の角南俊介准教授は「私が何かしたと言うより選手が自分たちでメニューを考えて練習してきた成果が出たと思う。」と語りました。
 天皇杯1回戦は、9月16日(日)13:00から加古川運動公園陸上競技場 (兵庫県)で行われます。1回戦の相手は、兵庫県代表のバンディオンセ神戸です。皆様のご声援よろしくお願いいたします。


2点目を呼び込む
FW宮本佳希選手のヘディングシュート


清水智幸選手のフリーキック


優勝を喜ぶ選手たち