ホームお知らせ平成19年度YU海外研究グローイングアッププログラム(試行)派遣者の決定について

ホームお知らせ > 平成19年度YU海外研究グローイングアッププログラム(試行)派遣者の決定について

【お知らせ】

平成19年度YU海外研究グローイングアッププログラム(試行)派遣者の決定について

 本学の若手教員等を海外の大学・研究機関に派遣し、海外の先進的な教育研究の実情を体験させるとともに、当該教員が自らのアクションプランに基づき教育研究活動の研鑽を積むことにより、将来のテニュア獲得の動機付けや教育研究能力の向上に資することを目的として、「YU海外研究グローイングアッププログラム」を新設しました。今年度は試行として、公募要項(PDF)のとおり公募し、審査を行った結果、以下のとおり2名の派遣が決定しました。

  ○理学部  佐野 隆志 准教授
    研究課題  作用素論からの正定値行列空間の幾何構造解析
    派 遣 先  インド Indian Statistical Institute
    派遣期間  平成20年3月24日〜9月17日

  ○遺伝子実験施設  中島 修 准教授
    研究課題  ヘム生合成系酵素赤血球型5-アミノレブリン酸合成酵素
            (ALAS-E/ALAS2)の酸素濃度依存的細胞内発現調節機構の解明
    派 遣 先  アメリカ Johns Hopkins University School of
                 Public Health Department of Environmental Health Sciences
    派遣期間  平成20年2月20日〜平成21年2月19日