ホームお知らせ銘傳大学(台湾)と大学間交流協定を締結

ホームお知らせ > 銘傳大学(台湾)と大学間交流協定を締結

【お知らせ】

銘傳大学(台湾)と大学間交流協定を締結


一層の発展に向け握手をかわす両者

 山形大学は、6月29日に台湾(台北市・桃園市)の銘傳(めいでん)大学との大学間交流協定を締結しました。
 銘傳大学応用語文学院と本学地域教育文化学部の間では、平成17年6月に学部間交流協定を締結し、交流を続けていましたが、このたび大学間交流協定を締結することとなりました。
 同日に行われた第1回アジアネットワーク国際シンポジウムに参加するため本学を訪問していた銘傳大学広報部統括ディレクターWang Walter 氏ほか1名が出席し、調印式が行われました。
 調印に際し、仙道学長及びWang氏から両大学の学生、教職員の交流と研究・教育両面の情報交換による一層の発展についての抱負が述べられた後、協定書にサインが行われました。
 その後シンポジウムにおいて、「Environmental Challenges-Life-Long Learning and Practicing」と題して、銘傳大学における今後の大学運営に対する取り組みについて興味深い講演が行われました。
 大学間交流協定が締結されたことにより、山形大学と銘傳大学との更なる交流の発展が期待されます。