ホームお知らせ学長が涙の「最終講義」

ホームお知らせ > 学長が涙の「最終講義」

【お知らせ】

学長が涙の「最終講義」

 仙道学長が、6月22日(金)に学長としての「最終講義」を行いました。
 講義は、教養教育の「山大マインド」で、本学を卒業(修了)後に各界で活躍している卒業生とのディスカッションを通じて「山形大学」を見つめ直し、充実した学生生活を過ごすための動機付けをねらいとして、平成14年度から6年間に亘って開講してきたものです(山大マインドのHPはこちらから)。
 今年度最終日となるこの日は、8月末に任期満了となる学長にとっての「最終講義」でもあり,「大きな夢もて、大空に飛翔せよ」と題して、学生へのメッセージが届けられました。
 講義の最後に、「若き友へ」と題する自作の詩を涙ながらに朗読した学長は、もらい泣きする多くの学生の拍手に見送られながら教室をあとにしました。


最終講義を行った仙道学長


学長が朗読した詩
(クリックして拡大してください。)


学生らと共に記念撮影