ホームお知らせ農学部附属やまがたフィールド科学センター演習林の入山式を開催

ホームお知らせ > 農学部附属やまがたフィールド科学センター演習林の入山式を開催

【お知らせ】

農学部附属やまがたフィールド科学センター演習林の入山式を開催

 5月6日(日)に、農学部附属やまがたフィールド科学センター演習林の入山式が鶴岡市上名川にて行われました。
 この行事は、本演習林の前身である山形県の模範林当時から毎年5月6日に行われているものであり、大正5年5月6日に祠 (山の神)を建立し、入山者の安全を祈願したのが始まりとなります。
 入山式では、石島副学長を始めとする大学関係者、鶴岡市、名川森林保護組合、出羽庄内森林組合の関係者等の立ち会いのもと、演習林の安全な運営を願って、山神祭が厳粛に執り行われました。
 引き続き、センター演習林管理棟に場所を移して懇談会を行いました。
 萱場センター長からの御礼の挨拶に続き、石島副学長から挨拶が述べられ、その中で農学部の昨今のめざましい活動内容が紹介されるとともに、本年度も演習林が安全に活用されることが祈願されました。続いて、中島農学部長から挨拶があり、本年は農学部の前身である山形県立農林専門学校が設立されてから還暦を迎えた節目の年であり、附属やまがたフィールド科学センターとして一層の教育・研究の推進を図る意向が示されました。
 懇談会の後半には、小野寺流域保全部門長(林長)から、昨年度の演習林での取り組み状況について、スライドを用いて詳細にプレゼンテーションが行われました。
 参加者にとっては、今後の演習林での益々の活動に期待するとともに、山形大学と地元関係者等との親交を深める格好の機会となりました。


石島副学長のあいさつ


小野寺流域保全部門長(林長)
によるプレゼンテーション