ホームお知らせコンケン大学日本語プログラム長による講演会を開催

ホームお知らせ > コンケン大学日本語プログラム長による講演会を開催

【お知らせ】

コンケン大学日本語プログラム長による講演会を開催


コンケン大学助教授マイトリー=インプラシッタ氏

4月26日(木)に,教養教育1号館において,タイ王国コンケン大学助教授で同大学日本語プログラム長でもあるマイトリー=インプラシッタ氏による講演会が行われました。
 同氏が所属するコンケン大学は,1964年に創立されたタイ王国の3大地方国立総合大学の一つで,世界で3番目と言われる広大な敷地と緑に囲まれた大学です。コンケン大学には人文学部・教育学部において日本語専攻科があり,日本語教育が盛んに行われています。
 今回の講演会は,本学教職員が参加したタイ王国での留学フェアをきっかけとして実現したものであり,留学生センターから申請し,採択された平成18年度小嶋国際交流基金による事業として行われました。
 講演は「コンケン大学およびタイにおける日本語教育について」として行われ,同大学教育学部における新たな試みや日本語教育の今後の方向性が紹介され,参加者は講演内容を興味深く傾聴し,関心の高さが感じられました。