ホームお知らせ理学部の親子化学実験講座「化学反応はエネルギー」を開催

ホームお知らせ > 理学部の親子化学実験講座「化学反応はエネルギー」を開催

【お知らせ】

理学部の親子化学実験講座「化学反応はエネルギー」を開催

 山形大学理学部では、4月1日、春休み親子化学実験講座「化学反応はエネルギー」を開催しました。親子化学実験講座は、春休み(場所:山形大学)と夏休み(場所:霞城セントラル)に開催しています。4年目を迎える今年は、申し込みが受付初日で定員(親子20組)に達しました。
 講座の内容は、化学反応とエネルギーの関係について実験を通して体験するというもの。熱・電気・光エネルギーが化学反応を中心に関係していることが理解できるプログラム構成になっています。詳しい実験内容は、本学広報誌「みどり樹(vol.28)」(P6-8)に紹介されています。
 今回は、やまがたエネルギー環境教育研究会(代表:地域教育文化学部 那須稔雄教授)との共催で、燃料電池車の模型を走らせました。水素と酸素を燃料に、化学反応から電気エネルギーを取り出し走ります。参加した子ども達は、走る車を興味深く見ていました。この講座は、夏休みにも開催しますので、親子でぜひ実験をしてみませんか?


鵜浦准教授からの説明を真剣に聞く


実験に熱中する子ども達