ホームイベント公開学術報告会:交流史からみた山形−地域史への諸提言−

ホームイベント > 公開学術報告会:交流史からみた山形−地域史への諸提言−

【イベント】

公開学術報告会:交流史からみた山形−地域史への諸提言−


↑クリックで拡大↑

 「出羽山形の地域特性と交流圏に関する歴史文化研究−山形地域史の再構築−」を副題とし、三上喜孝 准教授、菊地 仁 教授、松尾剛次 教授、岩田浩太郎 教授による公開学術報告会を開催します。  入場は無料です。学生はもちろん、興味のある方ならどなたでも参加いただけます。皆さまのご参加をお待ちしております。 詳細スケジュール(PDF) 会  場:人文学部講義室 日  時:2007年10月20日(土) 9:30 〜 16:15 09:30  開会 09:50〜 報告機          「出土木簡が語る出羽山形の交流史−県内資料を中心に−」 10:55〜 報告供          「炭焼藤太伝説の伝搬と変容−奥羽文化交流の一様相−」 13:10〜 報告掘          「羽黒修験と中世奥羽一新史料からみた出羽三山−」 14:15〜 報告検          「山形長谷川家の商業活動−「奥羽の商都」の巨大紅花商人−」 15:30〜 文化財再発見:          「最上義光ゆかりの宝光院文殊菩薩騎獅像」 16:00〜 全体討論 16:15  閉会 連絡先:人文学部事務ユニット総務チーム 023-628-4203