ホームプレスリリース「重ね塗り」で有機薄膜太陽電池を高性能化〜光を当てると固まる材料使い、有効性を実証〜

ホームプレスリリース > 「重ね塗り」で有機薄膜太陽電池を高性能化〜光を当てると固まる材料使い、有効性を実証〜

【プレスリリース】

「重ね塗り」で有機薄膜太陽電池を高性能化〜光を当てると固まる材料使い、有効性を実証〜

「重ね塗り」で有機薄膜太陽電池を高性能化
〜光を当てると固まる材料使い、有効性を実証〜
プラスチック上にも作製可能

奈良先端科学技術大学院大学(奈良先端大、学長:小笠原直毅)物質創成科学研究科の山田容子教授・鈴木充朗助教、山形大学大学院理工学研究科の中山健一准教授・山口裕二博士研究員らは、軽量で柔軟性などに優れた次世代の太陽電池として研究されている有機薄膜太陽電池の新しい材料を開発し、太陽電池として動作することを実証しました。溶媒に溶かした材料を基板に塗布して薄膜を作製するタイプの半導体で、光を当てると常温で不溶化して固まるため、材料を変えて重ね塗りしても混じらず、半導体の積層構造ができます。この方法で光から電気への変換効率を2倍以上に向上できたうえ、今後、材料の組み合わせを自由に変えて高効率の半導体を設計し、プラスチックフィルム上に作製することも可能になります。

プレス発表資料は、 こちらをご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ
山形大学 大学院理工学研究科 有機デバイス工学専攻
准教授 中山健一 (電話:0238-26-3713)