ホームプレスリリース福島の土壌が僅かなセシウムの取り込みにより多量のセシウムを呼び込むメカニズムを解明

ホームプレスリリース > 福島の土壌が僅かなセシウムの取り込みにより多量のセシウムを呼び込むメカニズムを解明

【プレスリリース】

福島の土壌が僅かなセシウムの取り込みにより多量のセシウムを呼び込むメカニズムを解明

福島の土壌が僅かなセシウムの取り込みにより多量のセシウムを呼び込むメカニズムを解明
−放射性セシウムが吸着した粘土鉱物のミクロな構造変化−

 独立行政法人日本原子力研究開発機構(理事長 松浦祥次郎)福島環境安全センター・量子ビーム応用研究センターの元川竜平研究副主幹、矢板毅ユニット長、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK) 物質構造科学研究所の遠藤仁准教授、一般財団法人電力中央研究所の横山信吾主任研究員、国立大学法人山形大学大学院理工学研究科の西辻祥太郎助教による共同研究グループは、土壌成分のひとつである粘土鉱物「バーミキュライト1)」が、セシウムイオンを多量に取り込むメカニズムの解明に成功しました。この成果は、福島県の汚染土壌を取り扱う上で有用な知見を含んでおり、セシウムイオンの環境移行、土壌からのイオンの溶脱方法、減容化方法の開発など、福島県内の環境回復問題に大きく貢献することが期待されます。
 プレス発表資料は、 こちらをご覧ください。