ホームプレスリリース天然油脂由来の殺菌性パウダー−身体洗浄料・化粧品への応用の可能性―

ホームプレスリリース > 天然油脂由来の殺菌性パウダー−身体洗浄料・化粧品への応用の可能性―

【プレスリリース】

天然油脂由来の殺菌性パウダー−身体洗浄料・化粧品への応用の可能性―

天然油脂由来の殺菌性パウダー
−身体洗浄料・化粧品への応用の可能性―

 大学院理工学研究科野々村美宗准教授らは、花王株式会社と共同で、マカデミアナッツ油から得られる脂肪酸「パルミトレイン酸」のカルシウム塩が、黄色ブドウ球菌やアクネ菌をより効率よく死滅させる選択殺菌性を示すことを発見しました。これらの菌は肌荒れやニキビの原因となることから、新しい天然由来の殺菌性パウダーとして、身体洗浄料やスキンケア化粧料への応用が期待されます。
 
プレス発表資料は、 こちら(pdfファイル)をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ
 大学院理工学研究科バイオ化学工学専攻
   准教授 野々村美宗(電話:0238-26-3164)