ホームプレスリリース学長定例記者会見を開催しました(2/24)

ホームプレスリリース > 学長定例記者会見を開催しました(2/24)

【プレスリリース】

学長定例記者会見を開催しました(2/24)

 山形大学では、毎月2回学長定例記者会見を開催しています。
 本日、2月第2回目の学長定例記者会見を行いました。発表事項、通知事項は以下のとおりです。
 会見の冒頭で、改訂した「山形大学の将来構想」について(詳しくは、こちら)学長から説明がありました。
 資料については、こちらをご覧下さい。

発表事項:
 1.トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム(第2期)に学生が採用されました
 2.3年連続の快挙! 地域に根ざした加工食品開発
   ※農学部ホームページにも掲載されています。
 3.AMSで東根市国分寺薬師堂の木造薬師如来坐像の制作年代を実証
 4.東北アジア地域から越境飛来する大気汚染物質の特定

通知事項:
 1.地域教育文化学部生活環境科学コース設計製図課題展覧会2015の開催
 2.『4年目のCandle Night』を開催
 3.東北放射光施設(SLiT-J)山形シンポジウムを開催
 4.第9回星のソムリエ資格認定制度シンポジウム開催
 5.π中間子分極率の世界最高精度での測定に成功

 

冒頭で、山形大学の将来構想について
説明する学長

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
に選ばれた比嘉愛七さん(人文学部2年)

農学部4年郡 直之さん(左)、古田祐里さん(右)による説明

理学部 門叶冬樹教授(左)及び
東北芸術工科大学 岡田靖講師(右)による説明

理学部柳澤文孝教授による説明