ホームプレスリリース産官学で開発した新素材容器が「ミラノ国際博覧会」日本館で使用されます(7/21)

ホームプレスリリース > 産官学で開発した新素材容器が「ミラノ国際博覧会」日本館で使用されます(7/21)

【プレスリリース】

産官学で開発した新素材容器が「ミラノ国際博覧会」日本館で使用されます(7/21)

産官学で開発した新素材容器が「ミラノ国際博覧会」日本館で使用されます

 山形大学の西岡昭博教授は、宮城県産業技術総合センター並びにプラスチック総合企業の株式会社コバヤシと共同で、新素材を開発しました。その新素材を用いて製造した容器が、イタリア・ミラノで現在開催されている「ミラノ国際博覧会」日本館の東北出展期間中(7月24日〜27日)に試食料理の提供用容器として使用されます。

 詳しくは、こちらの資料をご覧ください。