ホームプレスリリース学長定例記者会見を開催しました(11/4)

ホームプレスリリース > 学長定例記者会見を開催しました(11/4)

【プレスリリース】

学長定例記者会見を開催しました(11/4)

 山形大学では、毎月2回学長定例記者会見を開催しています。
 本日、11月第1回目の学長定例記者会見を行いました。発表事項、通知事項は以下のとおりです。
 資料については、こちらをご覧下さい。

  発表事項:

  1. 教授の着任について(11/1)
  2. 山形大学附属博物館がリニューアルオープンします
  3. 「奥の細道マイスター養成事業」及び「松島町の文化遺産を活かした地域活性化事業」公開講座について
  4. 鶴岡市において8回目のBISTRO下水道推進戦略チーム会合を開催します
  5. 第43回 山形大学模擬裁判公演のお知らせ
  6. 地域で活躍する学生サークル紹介〜山形大学SCITAセンター学生スタッフ〜

通知事項:
  1. 公益財団法人東北活性化研究センターとの相互協力の覚書締結
  2. 鶴窓会庄内支部主催講演会「夕日を釣り上げた男」を開催します
  3. 人文学部4年の田川友子さんが「大学院早期学修プログラム」を履修しています
  4. 創部3年目のフェンシング部が全国大会で準優勝しました
  5. 医学部5年の橋本紗枝子さんが全日本大学女子駅伝で力走しました

 

地域の皆様のお役に立ちたいと抱負を述べる土谷順彦教授(右:医学担当)

博物館のリニューアルについて説明する八木浩司博物館長(右)、佐藤琴学芸員(中)

鶴岡市で開催のBISTRO下水道推進戦略チーム会合について説明する渡部徹教授(農学担当)

第43代模擬裁判実行員会 太田孝平委員長(左:人文学部3年)、安達美穂さん(中:人文学部3年)、南俊光さん(右:人文学部2年)による説明

SCITAセンターの活動について説明する学生スタッフ須藤良太郎さん(理学部2年)