ホームプレスリリース学長定例記者会見を開催しました(1/26)

ホームプレスリリース > 学長定例記者会見を開催しました(1/26)

【プレスリリース】

学長定例記者会見を開催しました(1/26)

 山形大学では、毎月2回学長定例記者会見を開催しています。
 本日、1月第2回目の学長定例記者会見を行いました。発表事項、通知事項は以下のとおりです。
 資料については、こちらをご覧下さい。

  発表事項:

  1. 農学部に寄附講座を開設
  2. 山形大学が地域に及ぼす経済波及効果は665億円
    〜本学初の経済波及効果調査を実施

通知事項:
  1. 平成27年度 山形大学医学部公開講座「粒子線治療のエビデンス」
  2. 山形大学「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」(COC・COC+)シンポジウムの開催について
  3. 平成27年度 山形大学OB&OGセミナーを開催します。

 

寄付講座の設置についてコメントする学長

寄付講座の概要を説明する松尾雅彦カルビー株式会社相談役(左)

左から村山秀樹農学部副学部長、小山学長、松尾相談役、夏賀元康農学部長

山形大学の経済波及効果について説明する知久富男株式会社フィデア総合研究所社長(左)と齋藤信也主任研究員(右)

この調査結果を県民の皆様にも知っていただき、我々としてもますます精進したいとコメントする学長