ホーム学内情報平成25年度YU海外研究グローイングアッププログラム派遣者が決定しました

ホーム学内情報 > 平成25年度YU海外研究グローイングアッププログラム派遣者が決定しました

【学内情報】

平成25年度YU海外研究グローイングアッププログラム派遣者が決定しました

 このプログラムは、本学の若手教員を海外の大学・研究機関に派遣し、海外の先進的な教育研究の実情を体験させるとともに、自らアクションプランに基づき教育研究活動の研鑽を積むことにより、将来のテニュア獲得の動機付けや教育研究能力の向上に資することを目的とし、実施しているものです。
 支援の上限は300万円とし、学内公募を行い、次の3名の派遣が決定しました。

●大学院理工学研究科(理) 堂下 典弘 助教
  研究課題:CERN・COMPASS実験における大強度ビーム仕様偏極標的の開発とシステムの構築
  派遣先:スイス ヨーロッパ原子核研究機構(CERN)

●大学院理工学研究科(工) 中林 千浩 助教
  研究課題:新規電子輸送性材料の創製とデイバスへの展開
  派遣先:米国 マサチューセッツ工科大学

●人文学部 中澤 信幸 准教授
  研究課題:日本漢字音・台湾語音の対照と日本語教育への応用
  派遣先:台湾 銘傳大学

 なお、追加公募を行った結果、以下の1名の派遣が決定しました。

●大学院理工学研究科(工) 宮田 剣 助教
  研究課題:新規高分子包装材料および形成加工技術の開発
  派遣先:タイ ラジャマンガラ工科大学タニャブリ校