お問合せアクセス  English

 

〒990-8560 山形市小白川町1-4-12

☎ 023-628-4937

「女性活躍推進法」一般事業主行動計画

行動計画 情報公表

お知らせ
Internet Explorer(IE11)をお使いの皆様へ

互換表示の機能を使用していると、Webページが正しく表示されない場合があります。
互換表示は、次の方法で解除できます。

【互換表示設定】
1.インターネットエクスプローラー(IE)で、山形大学男女共同参画推進室サイトを表示。
2.IEの「ツール」(画面右上あるいは、タブの右にある歯車のマーク)をクリック
3.「互換表示設定」という項目があります。これをクリックするとウィンドウが表示されます。
4.互換表示に追加したWebサイトの欄にhttp://www.yamagata-u.ac.jp/が表示されていれば、選択し「削除」をクリック
5.「閉じる」をクリック

ファイルのダウンロード方法

ダウンロード用のファイルは、ブラウザ上で直接開かずに、パソコンなどに保存してからご利用ください。

【ファイルのダウンロードの仕方】
ファイルのリンクを右クリックします。
Internet Explorerの場合[対象をファイルに保存]を、Firefox・Chromeの場合[名前を付けてリンク先を保存]を選択します。保存したいフォルダを選んで[保存]を押して完了です。

トップ  > 支援制度  >  保育支援  >  学会参加時の保育支援制度

支援制度

学会参加時の保育支援制度

平成29年度 学会参加時の保育支援制度

男女共同参画推進室では、研究者の研究と育児の両立を支援するため、学会出張時の託児やベビーシッター利用料金の一部を補助する制度を開始しました。
詳しくは、実施要項(PDF:77.6KB)をご覧下さい。

学会出張時の保育支援制度を利用されたい方

  1. 対象者
    山形大学に勤務する教職員(医員を含む)、博士後期課程大学院学生、博士課程学生(医学専攻)、ポストドクターで、国内外の学会へ参加するために託児やベビーシッターを利用する者
  2. 補助額
    1人1回1万円を上限として1回限りとする。
  3. 子どもの年齢(学年)
    小学校6年生以下
  4. 託児・ベビーシッター利用場所
    ・学会に設置された託児ルーム
    ・自宅またはベビーシッターの自宅等
    ・ホテルや宿泊場所等
  5. 申し込み方法
    利用申請書・口座振り込み依頼書(学生の場合)を学会出張の1週間前までに男女共同参画推進室に提出する。ご利用になりたい方は以下をダウンロードして申請して下さい。
    ・「学会参加時の保育支援制度」利用申請書(PDF:9304KB
    ・「学会参加時の保育支援制度」利用申請書(Word:21.7KB
  6. 請求方法
    託児終了後、すみやかに下記書類を男女共同参画推進室へ学内便などで提出する。
    ・必要書類:私金立替払請求書(Excel:39KB
    ・領収書 参加した学会の名称と日時が分かる資料のコピー
  7. 利用期間 平成30年3月31日まで

山形県内でベビーシッターを利用する場合の例

山形県内でベビーシッターを利用する場合の例  詳しくは実施要項をご覧ください。

  • 山形・村山地区 山形ファミリー・サポート・センター
  • 米沢地区 米沢市ファミリーサポート・センター
  • 鶴岡地区 鶴岡市ファミリーサポート・センター

他地区 各自お問い合わせください。



その他の支援制度
山形大学男女共同参画推進室 ダイバーシティー研究環境実現イニシアティブ(連携型)サイトへジャンプします

Copyright (C) 2016 山形大学男女共同参画. All Rights Reserved.