山形大学教育企画室

教育改革シンポジウム 開催報告

平成21年度山形大学教育改革シンポジウム

 

 平成22年3月11日(木)山形大学教養教育棟において,「平成21年度山形大学教育改革シンポジウム」を開催しました。本シンポジウムは,本学が申請した「到達目標を明確にした自己実現学習システム」が,文部科学省大学教育GPに採択されたことを受け,その事業成果発表の場として開催したものです。
  シンポジウムでは,長く教育改革に携わってこられた玉川大学学士課程教育センターの菊池重雄教授の基調講演を皮切りに,本学の採択事業の詳細についての説明,本学独自の教育改革支援制度「YU-GP」に選定した4学部・5つの取組に関する事例発表がありました。また,同時に行われたポスターセッションでも,学部の取組担当者から直接聞き取りが行われました。

 

ポスターセッション並びにYU-GP事例発表の取組
 ①自己実現のための芸術的地域貢献活動の促進  地域教育文化学部
 ②大学教育への高校教員参画モデルの実践  理 学 部
 ③国際基準に根ざした学習教育システムの構築  理 学 部
 ④継続的な学び力付与プロジェクト  工 学 部
 ⑤外部評価を導入した公開型修論・卒論発表会  農 学 部

 

取 組 概 要

平成21年度

教育改革シンポジウム

「到達目標を明確にした自己実現学習システム」

【開催案内(PDF)】

【開催パンフレット(PDF)】

 

 

シンポジウムの様子

【司会・進行】

山形大学教育企画室

松 田  岳 士

【挨 拶】

山形大学教育企画室長

中 島  勇 喜

【基調講演】

玉川大学学士課程教育センター

菊 池  重 雄  

「自己実現のための芸術的地域貢献活動の促進」

山形大学地域教育文化学部 准教授

八 木  文 子

「大学教育への高校教員参画モデルの実践」

山形大学理学部 教授

鵜 浦   啓

「国際基準に根ざした学習教育システムの構築」

山形大学理学部 教授

丸 山  俊 明

「継続的な学び力付与プロジェクト」

山形大学工学部 教授

東 山  禎 夫

「外部評価を導入した公開型修論・卒論発表会」

山形大学農学部 教授

生 井  恒 夫

ポスターセッションの様子

 

  当日は,学内及び全国の高等教育機関関係者のほか,教育改革に興味・関心をお持ちの一般市民も含め多くの方々にご参加いただき,また,シンポジウム全体を通じて,フロアとの間で意見交換が行われ,山形大学で行われている数々の教育改革事業への関心の高さが示されました。

  本事業では,来年度以降も同シンポジウムを開催していく予定です。

 

           ★参加者数


 高等教育機関教職員 39 
 学内教職員 40 
 一般市民等  
合 計  88 


 

ページの先頭へトップページへ