山形大学エンロールメント・マネジメント部 教育・学生支援担当

YU-GP制度

 「到達目標を明確にした自己実現学習システム」では、各教育プログラムの教育体系に責任を持つ「教育ディレクター」を配置しています。この「教育ディレクター」が、各教育プログラム内で行う各種の教育改革を支援するため、山形大学では、学内のGPである「YU-GP制度」を実施しています。
 「YU-GP制度」は、各学部が行う学士課程教育における次の取組を対象とし、「教育ディレクター」を中心とした教育改革の取組を、財政的に支援するためのものです。

  • 1.教育課程に関する取組
  • 2.教育内容及び教育方法に関する取組
  • 3.教育効果の検証及び教育成果の活用に関する取組
  • 4.教育ディレクター制度を実質化するための取組

 選考は、学外の高等教育の専門家を含めた「教育改革諮問会議」において、書類選考及びヒアリングを経て行い、その結果を公表します。
 これらの一連の取組を踏まえて、本学の教育改革を教育の現場から立ち上げ、全学的な大きな改革に結びつけていきます。

 

平成24年度YU-GP実施状況
平成23年度YU-GP実施状況
平成22年度YU-GP実施状況
平成21年度YU-GP実施状況
ページの先頭へトップページへ