山形大学教育企画室

平成21年度YU-GPの採択取組を決定

 YU-GP制度は、山形大学が掲げる「学生教育を中心とする大学創り」を実現するために、本学における優れた教育改革の取組を選定し、教育経費の重点配分を行い、教育の高度化・活性化の推進を図るものです。

 

 本学から申請した「到達目標を明確にした自己実現学習システム」が、今年度の文部科学省大学教育GPに採択されたことを受け、各学部で行われる次の教育活動を支援するため、新たに学内GPである「YU-GP制度」を設けました。

 

   ■「到達目標を明確にした自己実現学習システム」への対応
   ■各学部で行う学士課程教育改革の推進
   ■来年度の文部科学省各種教育改革支援プログラム申請への試行

 

 平成21年度は4学部から7件の申請があり、教育企画室に設けた教育改革諮問会議による書面審査とヒアリングを経て、5件の取組を選定しました。

 

      

 

 選定された取組の実施を通じて、各学部の学士課程教育の改善・充実のための主体的な取組につながることが期待されます。

 

取 組 名 称
学 部 名
自己実現のための芸術的地域貢献活動の促進 地域教育文化学部
大学教育への高校教員参画モデルの実践 理 学 部
国際基準に根ざした学習教育システムの構築 理 学 部
継続的な学び力付与プロジェクト 工 学 部
外部評価を導入した公開型修論・卒論発表会 農 学 部

 

平成21年度YU-GP審査総括,採択理由はこちらから(PDF)

ページの先頭へトップページへ