山形大学教育企画室
プロジェクト

文武科学省大学教育改革推進プログラム情報

これまでの選定状況一覧

平成22年度採択  大学生の就業力育成支援事業

学外連携学習を活用した実践的就業力育成

本取組は、「学外連携学習を活用した実践的就業力育成」と題し、平成22年度文部科学省大学生の就業力育成支援事業に採択され、山形大学小白川キャンパス3学部(人文学部、理学部、地域教育文化学部)における学生の就業力育成を支援するプログラムです。
本事業は、実社会の業務で必要とされる「就業力」という観点から、学生が参加する多様な教室外の学習活動の位置づけを明確化し、体系的に整理し、成果が見えるようにするとともに、能動学習型のキャリア形成科目を新規に開講し、就業力育成の拡充を支援することを目指しています。これによって、学生が主体性や実行力など、座学で得ることが難しい力を身につけ、それを自覚できるように支援します。

平成21年度採択
  大学教育 ・学生支援推進事業【テーマA】大学教育プログラム

到達目標を明確にした自己実現学習システム

中央教育審議会答申「学士課程教育の構築に向けて(平成20年12月)」は、学習者の成果が社会で適切に評価され、大学の教育がそれに耐えるものとなるよう、「学習成果」を重視し、卒業までに修得する能力を具体的に明示することを求めるとともに、開設する科目の種類・内容が多様であっても、教育課程の編成方針等に基づく体系的な履修でなければ、所期の学習成果の達成は実現されないと指摘しています。

本取組では、学士課程教育全体を、学生が身につけるべき能力という視点から、科目・カテゴリの目的・目標をWeb上で修学支援のためのYUサポーティングシステムの「学習ポートフォリオ」として学生に示し、将来の希望と教育プログラム上の科目の位置付けを理解し、それを学習の動機付けとした能動的な学習を後押しします。


平成20年度採択 質の高い大学教育GP

学生主体型授業開発共有化FDプロジェクト

本取組は、汎用性の高い学生主体型授業のモデルを開発し、それを教員が共有し、個々の授業担当者が自身の専門性に合わせて改良することによって質の高い学生主体型授業を設計し実践することを通して、学生の社会人基礎力(積極性、コミュニケーション力、課題発見・解決能力等)の育成を目的とします。この目的を達成するために、授業法の開発・共有化を実践的FDの新段階と位置付け、「学生主体型授業開発共有化FDプロジェクト」として全学を挙げて推進します。

 


平成19年度採択 社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム

里地里山活動プランナーの実践的養成

利用機会の減少に伴う森林の荒廃が進む里山と少子高齢化や人材流出で地域の伝習や文化の継承が危ぶまれている里地。その一方で、ふるさと回帰や田舎への移住で地域と関わりながら労働を求める若者達の動きが活発化しています。

このプログラムでは、地域教育資源を活用した現地体験型教育を展開する山形大学「エリアキャンパスもがみ」と山形県戸沢村の「角川里の自然環境学校」との連携により、里山保全活動から森林環境教育までを自立して行う「里地里山活動プランナー」を養成します。

 


平成18年度採択 現代的教育ニーズ支援プログラム

エリアキャンパス未来遺産創造プロジェクト

テーマ:地域活性化への貢献(広域型)

 

山形大学では、最上広域圏全体をキャンパスに見立てて教育・研究・地域貢献を展開する新構想「エリアキャンパスもがみ」を平成16年度に発足させ、地域の教育資源を活用した新たな教育活動を開始しました。

本取組は、これを基盤とし、「自然と人間の共生」をキーワードに、大学と広域圏双方の人材育成と活性化を図るものです。

 

体験と実習を礎とする職業観形成法の確立

テーマ:実践的総合キャリア教育の推進

 

この取組は、“社会で輝くエンジニアの育成”を目指して,職業観の形成に向けた総合的キャリア形成プログラムを構築し、実施するものです。

職業観の形成には、「自分・自己の理解」、「働くことの意味の理解」、「職業・仕事の理解」が必要との認識に立ち、これらを促進するのが狙いです。

 


平成16年度採択 現代的教育ニーズ支援プログラム

生涯医学教育拠点形成プログラム−包括的地域医療支援機構創設−

テーマ:地域活性化への貢献

 

地域における医師の確保の問題に正面から取り組み、地域医療に大学医学部が貢献できる方法を研究し、その方法を提示する教育システムを作成すると共に、その教育システムを核とした「総合医学教育センター」を創設し、地域医療を担う地域中核病院及び地方自治体(県)と密接な連携を図ることによって、医師の生涯教育を充実し、地域医療を推進します。

 


連携・共有する教養教育プログラムの開発
        −県内高等教育の向上を目指して−

テーマ:他大学との統合・連携による教育機能の強化

本プロジェクト「地域ネットワークFD“樹氷”」は、山形県内の大学・短期大学の連携によって高等教育の機能強化を図り、県内の高等教育機関が共有する質の高い教養教育カリキュラムを開発し、単位互換を実施する取組です。山形大学が培ってきたFDモデルを県内の大学・短期大学に広め、共通フォーマットの学生による授業評価アンケートデータの共有化により、連携・共有カリキュラムを開発し、e-learningによる単位互換を目指しています。

 

ページの先頭へトップページへ