○山形大学における研究倫理教育に関する指針

平成27年5月11日

制定

山形大学研究活動に関する行動規範委員会

山形大学の研究活動における行動規範に関する規程第20条に基づき,本学における研究者に対する研究倫理教育に関する基本的事項を定める。

1.研究倫理教育教材

本学における研究者への研究倫理教育教材は,「科学の健全な発展のために―誠実な科学者の心得―(日本学術振興会「科学の健全な発展のために」編集委員会)」(以下「学振教材」という。)とする。

ただし,CITI―Japanプロジェクトe-learningプログラム(以下「CITI教材」という。)を導入している部局においては,学振教材に替え,CITI教材を研究倫理教育教材とすることができる。

2.履修方法

履修方法は,学振教材の通読又はCITI教材のe-learningの履修とする。

研究者は,一定期間ごとに研究倫理教育を履修しなければならない。

当該一定期間は,5年以内で各部局において定める期間とする。

3.履修確認方法

(1) 学振教材の場合

(ア) 研究者は,学振教材の通読を完了した場合は,別記様式1「研究倫理教育履修報告書」を配置(教員にあっては山形大学学術研究院規程第8条第1項に基づく主担当教員としての配置,その他の研究者にあっては所属をいう。以下同じ。)された部局の研究倫理教育責任者に提出する。

(イ) 研究倫理教育責任者は,(1)により提出を受けた別記様式1「研究倫理教育履修報告書」に基づき,当該部局に配置された研究者の履修状況を別記様式2「研究倫理教育履修状況管理台帳」により管理する。

(ウ) 研究倫理教育責任者は,前年度末時点の履修状況を別記様式2「研究倫理教育履修状況管理台帳」により5月末までに研究担当理事へ報告する。

(2) CITI教材の場合

(ア) 研究倫理教育責任者は,e-learningシステムにより履修状況の確認及び管理を行う。

(イ) 研究倫理教育責任者は,前年度末時点の履修状況をe-learningシステムから出力される帳票又はデータにより5月末までに研究担当理事へ報告する。

4.その他

(1) 学振教材の入手方法

学振教材の入手にあたっては,日本学術振興会のホームページから倫理教材のテキスト版(PDFファイル)をダウンロードする。又は,倫理教材の書籍を購入する。

(2) 本指針の見直し

学振教材に係るe-learning教材が開発された場合は,必要に応じ本指針を見直すものとする。

画像

画像

山形大学における研究倫理教育に関する指針

平成27年5月11日 種別なし

(平成27年5月11日施行)

体系情報
全学規則/
沿革情報
平成27年5月11日 種別なし