高等部 
 
 教育目標

 学んだことを生活の中で生かし、社会の一員として自立した生活を送るために、いろいろな人と適切にかかわり、働く意欲や態度のある生徒を育てる。

 めざす生徒像

○ 将来の生活のための知識や技能を身に付ける生徒
○ 学んだことを生活の中で生かせる生徒
○ 経験や失敗から学ぶ生徒
○ 場に応じたかかわりができる生徒
○ 社会生活を送る上で必要な支援を求めたり、相手の考え
  を受け止めたりする生徒
○ 働くための知識や技能、態度を持つ生徒
○ 苦手なことを克服するたっめにあきらめずに取り組む生徒
○ 他学部の模範となり役割を果たす生徒 


 日課



 高等部の学習

    春
 
 新入生歓迎会  産業現場等における実習Ⅰ
   
2、3年生が準備をして、新1年生の歓迎会を行います。
自己紹介やゲームをして、楽しい時間を過ごします。
2、3年生がそれぞれの事業所で実習を行います。
一人一人が目標を達成できるように最後まで頑張っ
ています。


    夏
 
 修学旅行  宿泊学習
   
3年生は修学旅行があります(平成29年度は大阪方面)。
いろいろな体験や見学を通して、楽しい思い出をたくさん
つくってきます。
1、2年生はそれぞれ宿泊学習を行います。友達と協力し、
調理や入浴の準備、後片付け、洗濯など様々な活動に
取り組みます。


    秋
 
 奉仕活動  校内実習
   
総合的な学習の時間で、蔵王コミュニティセンターの清掃
を行います。草取りや屋内の部屋の清掃、パイプイス拭き
など、一生懸命清掃をします。
産業現場等における実習と校内実習に取り組んでいます。
校内実習ではペーパーバッグ作りや畑の作業などに
取り組み、働くために必要な学習を行います。


    冬
 
 ふれあい祭  ハートバザー
   
ふれあい祭では高等部全員で発表をします。発表内容は、
音楽の時間に練習してきた合唱や合奏など、その年によっ
て様々です。
年2回ハートバザーを開いています。秋は山形大学キャンパス、
冬は学校近くのスーパーなどでなどで行います。作業学習では
ハートバザーに向けて丁寧な製品作りを心掛けています。



 山形大学附属特別支援学校  〒990-2331 山形県山形市飯田西三丁目2-55
 <学校へのアクセス(Google マップ)>      電話 023-631-0918   FAX 023-631-9758 
  Copyright© 2015 山形大学附属特別支援学校 All Rights Reserved.