小学部 
 
 教育目標

好きなことや得意なことを見つけ、自分の気持ちを伝えながら、友達や教師と楽しくかかわり、いろいろなことに興味を持つ児童を育てる。

 めざす児童像

〇 好きなことや得意なことを見つける児童
〇 自分の気持ちを伝えながら、友達や教師と楽しくかかわる児童
〇 いろいろなことに興味を持って活動を楽しむ児童
〇 できたうれしさを伝え合う児童

 


 日課

 1組(1,2年生)


2,3組(3~6年生)



 小学部の学習

    春
 
 歓迎会  運動会
   
新入生を迎えての歓迎会をしています。プレゼントや会場作りは2年生から6年生までが力を合わせて行います。
お互いに自己紹介したあとは、ダンスなどの早くなかよく
なるような楽しい活動をしています。
  運動会の個人種目では、ゴールをめざして自分の力を
 出し切ります。中学部や高等部のお兄さんお姉さん達と
 一緒に全校種目に取り組んだり、応援したりしながら学
 校が一体になる活動です。


    夏
 
 水遊び  宿泊学習
   
プールに入る前には、準備体操を行い、大小二つのプール
を使って、思いっきり水遊びをしています。水に潜ったり泳
いだりなどしてたくさん体を動かしたり、水鉄砲や手作りシ
ャワーで遊んだりします。
 学校にある宿泊施設(つくしの家)を使って、1泊2日の
 宿泊学習をします。自分の身の回りのことや調理活動、
 使った場所の清掃にも取り組みます。


    秋
 
 教育実習  芋煮会
   
 山形大学地域教育文化学部の学生が3週間の教育実習を
 行います。子どもたちとかかわりながら、工夫を凝らして授
 業を行います。
 自分たちで植えて収穫した野菜を使ったり、足りない材料
 は地域のスーパーで買い物したりして芋煮作りをします。
 皮むき器や包丁などを使って材料を準備し、外で煮炊きを
 します。みんなで食べる芋煮の味は格別です。


    冬
 
 ふれあい祭  雪遊び
   
ふれあい祭では、全校生や地域の方、保護者の方の前で
発表します。学級ごとに学習してきたことを紹介したり、学
部全員で歌を歌ったりダンスを踊ったりします。発表内容は、
その年によって様々です。
  雪が降ったら、毎日のようにそり滑りやチューブ乗り、雪だ
 るまや雪玉作りをして遊びます。順番を守ったり一緒にそ
 りに乗ったり、遊び道具を貸し借りしながらみんなで楽しく
 遊びますが、好きな遊びに夢中になれるのも、雪遊びの
 醍醐味です。



 山形大学附属特別支援学校  〒990-2331 山形県山形市飯田西三丁目2-55
 <学校へのアクセス(Google マップ)>      電話 023-631-0918   FAX 023-631-9758 
  Copyright© 2015-2016 山形大学附属特別支援学校 All Rights Reserved.