医学部附属病院と県内法曹関係者との意見交換会を開催 
 本学医学部附属病院は、医療訴訟に対し、迅速かつ的確な対応を図ることを目指し、山形地方裁判所及び山形県弁護士会との意見交換会を去る4月23日(水)、医学部第一会議室において開催しました。
 これは、山形地方裁判所からの申し出により、山形県内における医学界と法曹界が自由に意見交換できる場が必要であるとして実現したものです。
 当日は、裁判所から13名、弁護士会から10名、附属病院側から嘉山病院長他約20名が出席し、最初に法曹関係者が、附属病院における手術や医療現場を視察しました。
 その後、会議室において、医療訴訟の現状や鑑定制度等について、実際にあった訴訟等を例に問題点の指摘や提言を出し合い、活発な意見交換が行われました。
 次回は、山形地方裁判所において開催される予定です。