ブリヤート国立大学東洋学部長が山形大学人文学部を訪問


 去る7月1日(火)に、ロシア連邦ブリヤート国立大学のドミートリイ・ブラーエフ東洋学部長をはじめとする3名の同大学教員が、山形大学人文学部を訪問しました。
 山形大学人文学部とブリヤート国立大学東洋学部は、今年の3月に学術交流協定を結んでおり、今回が初めての来学となりました。
 一行は、仙道学長を表敬訪問して多様な分野における交流の推進について話し合った後、人文学部の教官の案内により、学内の各種施設や授業風景を視察しました。
 その後、学生を交えた懇談会において活発な意見交換が行われ、友好関係がさらに深められました。
 翌日以降も、ブラーエフ学部長ら一行は山形市役所をはじめとして県内各所を視察した後、7月4日(金)に帰国の途につきました。
   正面左より
ヤンツァノーヴァ助教授
ブラーエフ学部長
ガルマーエフ助教授

戻る