授業改善ハンドブック
「あっとおどろく授業改善ー山形大学実践編ー」を刊行 


 山形大学では、平成11年度から教養教育改善充実特別事業費の配分を受け、「教養教育ワークショップ」、「学生による授業改善アンケート」、「教養教育FD合宿セミナー」などを実施していますが、このたび、5年間にわたる同事業の実績、並びに教官個々における授業改善の実践例などを、授業改善ハンドブック「あっとおどろく授業改善ー山形大学実践編ー」と題して刊行し、全国の国公私立大学に送付しました。
 第1部「授業を良くしよう」では、架空の教官が授業改善アンケートや公開授業を通じて授業を改善していく過程を、第2部「授業改善ワンポイント集」では、出席の取り方、板書の仕方などの具体的な改善の手法を提案し、第3部「新しい授業と授業改善の実例」では、学長主催で各会で活躍する先輩を講師として招く授業、厳冬の農学部附属演習林に泊まり込む授業、パワーポイントを導入した授業など、個々の教官の新しい取り組みが紹介されています。
 このハンドブックは、本学のみならず、他大学の教官の授業改善の参考にもなる内容となっており、発刊早々、近隣の大学からの問い合わせも殺到するほどの注目を受けています。

戻る