県内の高校生が山形大学理学部で実習


 去る9月9日(火)に、県内の高等学校に在籍する科学関連部(クラブ)部員や科学に興味のある生徒64名が山形大学理学部を訪れ、見学や実習をしました。
 これは、山形県高等学校文化連盟科学専門部が主催している「山形県高等学校サイエンスジャンボリー」の研修活動の一環として、実施されたものです。
 生徒たちは、加藤理学部長から歓迎を受けた後、数理科学科、物理学科、物質生命化学科、生物学科、地球環境学科の5つのコースに分かれ、それぞれの担当教官から熱心に指導を受け、初めて体験する大学での実習に興味深げに取り組んでいました。

戻る