「やまがた天文台」オープン記念式典・記念講演会を開催


 去る10月4日(土)に、山形大学理学部において、理学部とNPO法人「小さな天文学者の会」が連携して運営する「やまがた天文台」のオープン記念式典が、多数の関係教職員や一般市民が参加して盛大に行われました。
 加藤理学部長、NPO法人「小さな天文学者の会」柴田理事長(理学部教授)から挨拶の後、鬼武副学長から祝辞があり、「やまがた天文台」が山形県で初めて一般公開される運びとなりました。
 式典後には、郡司理学部助教授とアマチュア天文家である(株)豆の板垣代表取締役社長の板垣公一氏による記念講演会が行われ、天文学や天体観測に関しての興味深く楽しい講演に、参加者たちは感嘆のおももちで話に聴き入っていました。
 一般公開は、10月11日以降の毎週土曜日の晴れ間のある夜に行われることとなっていて、天文台では、星空案内人の説明を聞きながら、15cm屈折望遠鏡や20cm反射望遠鏡を操作して、天体観測をすることができます。

 [天文台への案内はこちらまでどうぞ]

 
挨拶する加藤理学部長 NPO法人「小さな天文学者の会」柴田理事長
15cm屈折望遠鏡 20cm反射望遠鏡

戻る