「山形大学と各学部同窓会との情報交換会」を開催


 去る12月3日(水)、山形大学は「山形大学と各学部同窓会との情報交換会」を開催し、本学の学長・副学長・学部長や各同窓会の会長・理事長ら、関係者約30名が出席しました。
 初めに阿部八郎ふすま同窓会会長から挨拶があった後、仙道学長から「山形大学の現状について」と題して、国立大学法人化に向けた検討状況や教員養成の在り方について説明があり、各同窓会からも近況報告が行われ、活発な情報交換が行われました。
 本学と同窓会の連携については、これまでにも各種事業などについて有効に機能してきましたが、この度の情報交換会は、平成16年4月の法人化を初めとした本学をめぐる環境の変化に対応するために、両者に共通の理解と認識を持たせることができた良い機会となりました。

戻る