「平成15年度山形大学学生指導担当教職員研究会」を開催


 去る12月17日(水)に、山形大学では、法人化に向けて学生支援体制の一層の充実を図ることを目的として、「現代社会と学生の意識」をメインテーマとした「平成15年度山形大学学生指導担当教職員研究会」を開催し、関係教職員約50名が参加しました。
 研究会では、東京工業大学保健管理センターの齋藤憲司助教授を講師に迎え、「学生達のいま・学生相談のこれから」と題した基調講演が行われ、参加した教職員は熱心に耳を傾けていました。
 続いて「現代学生のキャンパスライフについて」をテーマとしたシンポジウムが行われ、シンポジストから、学生相談の現状等について報告があり、活発な意見交換が行われました。

戻る