「超トヨタ式チェンジリーダーの著者からの提言」講演会を開催


 去る2月4日(水)、「超トヨタ式チェンジリーダー」の著者である(有)ゴールドライツ代表の金田秀治氏による講演会が山形大学小白川キャンパスで開催(米沢キャンパス、鶴岡キャンパスにはリモート講義システムで同時配信)されました。
 金田氏からは、トヨタ自動車(株)の場合を例にして、会社の意思決定の仕方や管理職や職員の「仕事」に対する考え方や方法など、数々の独創的な仕組みが紹介されました。
 業界常識を超え、変化し続けることが企業の発展につながるという氏の熱い提言に、学長を初め参加した多数の本学関係者は、新しい国立大学法人山形大学の姿と重ねあわせながら、時の経つのを忘れるほど熱心に聴き入っていました。
金 田 秀 治 氏

戻る