「アカデミックダイエット」を実施


 
 山形大学は、昨年11月28日から2月6日までの金曜日のうち7回、大学開放事業の一環として「アカデミックダイエット」を実施し、教職員や学生、一般市民など34名が参加しました。
 講義(2回実施)では、教育学部の淺井武助教授が、血液検査の結果などを示しながら、運動による体脂肪率・体重の減少の効果について、理論的に解りやすく解説しました。
 また、実技(5回実施)では、大学院教育学研究科2年生の高野聖子さんを中心として、体育館で音楽に合わせて体を動かし、心地よい汗をかきながら効果的な運動法を習得しました。
 4回以上出席した20名には修了証書も授与され、参加者からは、日頃話題になるダイエットについて、正しい理解を得る良い機会になったと好評でした。
淺井助教授による講義 心地よくダイエット

戻る